menu

文鳥の飼い方~初心者の飼育法~

ほかのペットと文鳥を一緒に飼いたい!注意点とは?

ほかのペットと文鳥を一緒に飼う際の注意点とは

動物好きな方なら、たくさんのペットを飼いたくなりますよね。

しかし、動物同士の相性を考慮しなければ、最悪命を落とす危険性もあるので、注意が必要です。

ここでは文鳥と、他の動物との相性についての情報と、飼い主がすべき配慮について紹介します。

大丈夫なペットと危険なペットがいる

文鳥を新しく家族として迎えるときに気になるのが、先にペットとして飼っている動物との相性です。
個体差はありますが、文鳥にとって苦手な動物、割合平気な動物がいるようです。

割合平気な動物であっても、文鳥の放鳥時は、できればほかのペットは別の部屋に移動させるなどしておいたほうが安心。
同じ部屋で放鳥させるなら、飼い主さんが文鳥から目を離さないようにしましょう。

ウサギ

ウサギはおとなしい動物なので、文鳥との同居もあまり問題はないでしょう
なかには、ウサギの背中にちょこんと止まる子もいるほどです。

文鳥にとって、猫は天敵といえます。文鳥が猫の前にいけば、とっさに手を出して捕まえようとするでしょう。
お互い小さいころから一緒に暮らしていて、とくに問題がないケースもあるにはありますが、猫が何かに驚いたときなど、文鳥に手を出してしまうことも十分にあり得ます。

猫がいる家で文鳥を飼うのはあきらめたほうが無難です。

きちんとしつけができている犬なら、文鳥と問題なく暮らしていけるでしょう。

とくに大型の犬なら、文鳥が背中に止まっても平気で眠っています。ただ、小型犬の場合は、文鳥のことを気にしたり、動きも素早いので、文鳥に手を出したり、踏んでしまったりといった事故が起こりやすくなります。

飼う場合は注意が必要です。

ハムスター

ハムスターはたいていケージの中にいるので、文鳥と直接接触しません。
その点では安心なのですが、ハムスターのケージに文鳥が止まったりすると、ハムスターがケージの隙間から文鳥の脚を攻撃することもあります。

文鳥が止まっても大丈夫なように、透明のアクリル板をのせるか、厚手の毛布をかけるなどして予防しましょう。

また、飼い主さんの愛情をハムスターと文鳥でとり合うことも起こり得ます。
飼い主さんが一方ばかりかわいがると、仲が悪くなったり、どちらかがストレスを感じたりするので気をつけましょう。

熱帯魚

同居しても、まったく問題はないでしょう。ただ、水槽にはフタをしておくことが大切です。
フタがないと、放鳥時に文鳥が落下して溺れてしまう事故の可能性も。

また、鳥のフンが水槽の中に入ると、水が汚くなってしまい、熱帯魚にとっても衛生上よくありません。

小鳥

インコなど文鳥以外の小鳥と一緒に飼いたい場合は、ケージを別にすることが大切。
また、同じ空間に放鳥させるのもやめましょう。別々のケージであっても、相性の悪い鳥はいます。

どうしても飼うなら、リスクを知っておくことが大切です。


文鳥のお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
文鳥に必要な用品紹介
文鳥の臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top