menu

文鳥の飼い方~初心者の飼育法~

家を留守にする際に、文鳥はどうする?留守番できる?

家を留守にする際の文鳥

ペットに留守番させるのが心配で、旅行などで家を空けることが簡単にできなくなる方が多々います。

しかし、どうしても留守にしなければならない時は必ずやってくるはずです。

そんな時にどうすべきか、役立つ情報を紹介したいと思います。

2泊までなら文鳥が留守番するのでOK

旅行などで家を留守にするとき、文鳥のことが気がかりです。
家族全員で出掛けるのでなければ、家族の誰かに世話を頼んで行けば済むのですが、それができない場合もあるでしょう。

2泊くらいまでの短期の旅行なら、文鳥だけで留守番できます。

ただし、老鳥の場合や、文鳥の具合がいつもと違うときなどは、留守番させるのは心配。
ペットホテルかペットシッターさんに依頼しましょう。

エサと水の準備を万端に

文鳥だけを家に残すときに心配なのが、エサと水のこと。
ケージの中にエサ入れを余分に設置しておきましょう。

どちらの容器もエサをいっぱいにしておきます。また、エサ入れと同様、水入れや水浴び容器も、いつもより何個か余分に用意しておくと安心です。

夏場や冬場は注意

気になるのが、夏場や冬場。
とくに夏場は1日で水が腐り始めます。また、気温の問題もあります。

真夏に部屋を閉め切った状態にしておくと室温が上がり、文鳥にとってよくありません。

エアコンをかけ、室温を適温にしておきたいものです。 
このとき、ケージはエアコンの風が直接あたらない場所に設置することも大切です。

一方、冬場は毛布などをかぶせて工夫するか、危なくない暖房器具で室温が下がりすぎないようにしておくとよいでしょう。

ペットホテルに預ける

3泊以上になるときは、ペットホテルに預けるか、ペットシッターさんにお願いするとよいでしょう。

動物病院で預かりサービスを行っていることもあるので、問い合わせてみるのも手。
費用はペットホテルよりも高めのことが多いようですが、病院なら何かあったときにも対処してくれ、安心です。

ペットホテルについては、知人に聞いたり、インターネットなどで探してみます。

施設の内容や費用などとあわせて、清潔かどうか、スタッフは親切か、ほかの動物と同室にならないかなどをチェック。
できれば見学してから決めると安心です。

ペットホテルのほか、知人や友人など、近所に預かってくれる人がいれば、お願いするのも一案です。
ただ、小鳥を飼った経験のない人だと、心配な面もあります。

ペットシッターを利用するのも手

ペットシッターさんにお願いするのも安心です。
自宅でエサや水を入れ替えてくれたり、ケージの床の紙を交換してくれたりします。また、お願いすれば、放鳥もさせてくれるでしょう。

メールなどで、留守中の様子を飼い主さんに知らせてくれるサービスもあり、旅行中でもペットの様子を知ることができて、うれしいものです。

いつもと同じ場所で暮らせるので、文鳥にとってはペットホテルよりも負担が少ないようです。
できれば、文鳥を飼った経験のあるシッターさんにお願いしましょう。


文鳥のお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
文鳥に必要な用品紹介
文鳥の臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top